Top | RSS | Admin

2018.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018.11


recent entries

recent comments



スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


効果テキメン??? ++++++++ バラの栽培日誌

2006/05/01 15:57

今年は 夜になると結構冷え込んで
全国的に バラの開花が遅くなりそうな年ですね・・・

例年に比べると低温ではありますが
そんな気候も何のその!
徐々に大きくなる蕾を前に
毎日ソワソワ・・・

しかし・・・あまり調子の良くない子もいます。
うちの子の場合・・
たとえば マダム・ジョセフ・シュバルツ・・・^^;
この子は 去年の冬の旅行前に
水遣りを忘れてしまったため
帰ってきたら ミイラ状態・・
ご・ごめんね~と 嘆きつつ 剪定して様子を見てみたら
なんとか 春になってから 芽が吹き出してきました。
でもでも・・ 葉が小さい・・(TT)
やはり 極端な乾燥により 根のダメージがきつかったんでしょう・・

で、何とかならないかと思い
先週末 バラの師匠に診ていただきました。
やはり根のダメージ部分から
土壌細菌が進入して 全体的なダメージになっているんでしょう・・との事。
でも 新しく展開してきている葉を見てみると
健常の葉に近づいている=何とか菌と闘って頑張っている状態
なのだそうです。

私が初春に行った作業により
このバラを何とか枯死をまぬがれたのだそうです。
それって・・・???
そう!

ダコニール潅水です!!

春先に500倍で潅水したのですが
これにより 菌の勢いが抑制され 
何とか生き残り 葉を展開する事が出来たとの事。
この作業がなかったら 
この子は 生き延びていなかったかもしれません・・・^^;

でも まだまだ 株の中に菌がいる状態なので
油断大敵!!

では この後の管理法は?
なるべく無菌的にする事。
悪さをしている細菌が増える要素を減らしてやります。
肥料は ほんの少しだけ バイオゴールドをあげていたのですが
これは即刻回収。
これからは液肥を 月に2回ほどあげ、ダコニール潅水も毎月・・・
その後の状態を観察していきたいと思います。

この他にも2鉢 調子が悪かったり不安な点がある子を見てもらいました。
ちょっと 不安な点が解消されて スッキリ!!

で、結構 思ったのが
ダコニール潅水により
なんとか菌と闘って頑張っているという見解が多かった事。

そして・・・
今まで なんとなく普通…の生育を見せていた他のバラ達・・
みんな 凄いことになっています!
とても 元気な葉を広げて・・ビックリ!!
今年は こういった元気はつらつなバラが
ほとんど・・・なので ちょっと嬉しいです。

うちの庭は あまり日当りはよい方ではないので
どうしても 生育の状況に限界があるのでは・・・
と思っていたのですが
ダコニールで潅水してやって
しっかりバラの基本的な状態を整えてあげてから
善玉菌や(今回はOYK菌とバイオゴールドバイタル液)
肥料をあげると その効能が充分生育に反映するのだなぁと
実感しています@@

雨上がり・・
元気なアルンウィック・キャッスルの葉の上に
水玉が きらりと輝いているのが
とても綺麗でした。


20060501155509.jpg

スポンサーサイト
トラックバック(0) | コメント(6) | top▲


<<GWも 花三昧?? | Top | まだまだ桜・・>>




Comment
マダムの復活 よかったね~♪
ダコニール まだ使ったことがないのだけど
是非試してみたいと思います。
理由もわからずにボロボロと葉っぱが落ちてしまうようなバラも
いてるんだけど、
それもやっぱり土の中のなにかによるものなのかな
なかなか手強いですよね
そうそう、コガネにほとんど根っこを食べられたガーデニア
やっとやっと・・・葉っぱを展開し出してきました~。

ところでこの水玉・・・ドッキン♪
素敵すぎ~~~~!
あ・・・erikさん・・・写ってる?? ぷぷぷ
【2006/05/02 12:00】 URL | seiko太郎 [ 編集] | top▲


seikoさん♪こんにちは~
先日 ブログでガーデニアのことをかかれていたのを
読みましたよ~♪
一生懸命 葉っぱを出しているのを見ると
思わず 頑張れ~と応援したくなりますよね^^

そうそう・・
いままで ダコニールって
とんでもなく株にダメージが来て
もうだめだ~というときに
慌てて使っていた傾向があったのですが
予防的に潅水してあげる・・という作業が
いかに大事だったか・・・と言う事が
身にしみて判りました・・

一見 大きな病気にかかっていなさそうでも
水遣りの失敗やら 夏の高温などで
知らず知らずのうちに病原菌が潜んでいて
虎視眈々と 暴れる機会を狙っている・・・
いわゆる日和見感染みたいな感じなのでしょうね~
ひええぇ~怖い・・・

水玉♪
ホントまんまる~でしょ?
自然が作り出す 芸術品って
ホント ドキッとしてしまう作品が多いですよね♪
えっ?私が写っている??(^^)
【2006/05/02 14:13】 URL | erik [ 編集] | top▲


ダニコールってそんなに重要だったのですね
初めて知りました(^^)
そして水玉とても綺麗ですね♪いいなぁ。
昨日は凄く暑くなってまた今日は温度が低くなったりと
バラたちにはどうなんでしょう?
今年はブラインドが多いとチラホラ聞こえてきたりもしてますけど(^^;)
伊丹バラ園もも京阪バラ園も行かなければ!!
【2006/05/02 16:14】 URL | tante [ 編集] | top▲


tanteさん♪こんばんは~
私も バラを育て始めた時は
ダコニールなんて使ったことありませんでした。
なるべくなら農薬を使いたくない・・と思っていたので。
でも 今は最小限・・ということで
ダコニールの潅水だけしているんですよ。

今年は 結構寒い日がしつこく続きますね。
先日ネットで教えていただいたのですが
花芽は15度以下だと とんでしまうのだそうです。
四季咲きならまだしも 一季咲きで お花が少なくなるのは
ちょっと悲しいですよね・・・(TT)

そうそう!京阪園芸で 
11日からローズフェスティバルが始まりますよ~
沢山の開花苗が出るので 
もし機会があれば 覗いてみられては?
大阪では バラ会議もあって
一般の人も入場できる日があるので 今年はウロウロしそうです^^;

【2006/05/02 16:41】 URL | erik [ 編集] | top▲


erikさん、こんばんは。
マダム・ジョセフ・シュバルツ、先生に看ていただいたんですね。今菌と戦ってがんばっているところなんですね。
無事に復活しますように!
ダコニール潅水、私も今年はじめてしてみたんですよ。
とても大切な作業なんですね。

まん丸の水玉、きれいですね~。
私も最近マクロレンズを使い始めたんですよ。
でもなかなか、erikさんのように上手に写すことができません。
修行中です。(^-^)
【2006/05/02 20:58】 URL | まさこ [ 編集] | top▲


まさこさん♪こんばんは~
お返事が遅くなってしまってすみません。。

マダム・・何とか頑張ってくれています。
このアドバイスを受けた後 早速ダコニールを潅水しました。
ゆっくり見守っていきたいと思います^^
まさこさんも 今年から潅水されておられるのですね。
また なにか効果があったら おしえてくださいね^^

おおっ!マクロレンズを使われているのですね♪
標準レンズとはまた違った世界が広がって
撮っていても 新しい発見があって
本当に面白いですよね。
また お写真を見に寄させてもらいま~す
【2006/05/04 03:07】 URL | erik [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://jardinderik.blog13.fc2.com/tb.php/90-2100c096
FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。